〈正誤表掲載のお知らせ〉

  本書の正誤表を作成いたしました。こちらからご利用ください。⇒

 

ダウンロード
二胡基礎三十課正誤表.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 397.6 KB

趙寒陽教授執筆『二胡基礎三十課』日本語版完成!

♪本書の目次紹介

第 一 課   二胡の基本知識 
第 二 課   演奏姿勢と開放弦の練習 
第 三 課   二胡の持ち方と弦の押さえ方・D調第1

       ポジション 
第 四 課   連弓と混合弓使いの練習 
第 五 課   G調第1ポジションの練習 
第 六 課   ビブラートの練習 
第 七 課   D調第2ポジションの練習 
第 八 課   D調第1・第2ポジション移動の練習 
第 九 課   G調第2ポジションと第1・第2

       ポジション移動の練習 
第 十 課   F調第1・第2ポジションとポジション移動

       の練習 
第 十一  課   C調元ポジション・切ポジション・第2

       ポジションとポジション移動の練習  
第 十二  課   ♭B調第1・第2ポジションとポジション移動の

       練習 
第 十三  課   A調第1・第2ポジションとポジション移動の

       練習 
第 十四  課   スタカートの練習 
第 十五  課   速弓の練習  
第 十六  課   トレモロの練習 
第 十七  課   蹄弓の練習  
第 十八  課   滑音の練習  
第 十九  課   トリルの練習 
                                               第 二十  課   装飾音の練習

                                               第二十一課  古典名曲10曲の演奏要点
                                                                                                        ~   『良宵』『赛馬』『光明行』『金珠瑪米賛』

                                                                                                               『江河水』『空山鳥語』『喜送公粮』

                                                                                                               『江南春色』『三門峡暢想曲』『二泉映月』

                                                                                                  第 三十   課
                                                                                                                                              解説と練習曲・楽曲の楽譜掲載、全191頁

入門から古典名曲の演奏まで学べる、先生・生徒の対話形式で書かれた本格的な二胡教材、既習者の復習にも最適!

解説のあとに、各課に練習曲・楽曲の楽譜がついていて実践的!

◎ご購入についてはこちら⇒ 書籍ご購入方法

♪本書の特徴紹介

臨場感たっぷりで演奏のイメージがふくらむ!

「第二十七課 『喜送公粮』の演奏要点」より

・・・、列の先頭から「休憩―!」と言う掛け声が聞こえてくる情景が浮かんで来る。その後弱く奏でる音は、その声が遠い山谷にこだまし、列の後ろから返事が返ってくる様子を想起させる。まるでその隊列は一匹の「龍」のようであり、 ・・・ 

難しい奏法も身近な譬えでよくわかる!

「第六課 ビブラートの練習」より

・・・。二胡演奏の動作は、人が生活の中でしている動作と同じなんだ。特別演奏のためにだけ創作した訳じゃない。人類が地上に元々ある物質を組み合わせて色んな物を作ってきたようなものだ。ビブラートの動作が生活の中のどんな動作に似ているか、想像してみよう。ほら・・・

豊富な説明で二胡に関する知識が増える!

「第一課 二胡の基本知識」より

・・・。元代(1271~1368)に入ると、胡琴は更に改良され、胴は皮で覆われ、まさに「馬尾胡琴」が形成された。明・清時期(1368~1912)になると、各民族の文化交流や地方戯曲・民族音楽の勃興発展に伴い、胡琴は次第に全国各地に伝播していった。しかし・・・